環話§プレーンなドーナツが好きなのだ

どーってことのない、ごくごく普通のドーナツが好きなのだ。あの、
揚がったドーナツに粉砂糖がまぶされている普通のドーナツである。

あの“ミスターD”とかで売られている各種ドーナツの中には、好み
であるプレーン・ドーナツの類は存在せず、たまに買うことはあって
も、チョコレートがまぶされたものでお茶を濁したりするので、少々
欲求不満になってしまう。

それで、パン屋さんのような店で売られているのを見つけては買うこ
とになるのだけれど、これがまた見つからない……あんドーナツはあ
るくせに、穴開きでごくごく普通のドーナツが存在していないのだ。

まあ、強烈に執着するような嗜好品ではないから、あきらめも早く、
なければないで、代替品を探してきて満足してしまうのは、今時の便
利さのゆえということである。

だから店頭で見かけた時は、せいぜい忘れずに買うことにしている。
一口かじると少し喉がむせるような、あの感じはドーナツならではの
もので、そんなB級感覚がまたドーナツたらしめているのであろう。

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック