告話§ビッグイシュー275号発売中!

ビッグイシュー275号は11月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入になります。クリムトのアデーレ・ブロッホ=
バウアーの肖像Ⅰが表紙。

画像

【内容の一部】

スペシャルインタビュー ヘレン・ミレン

リレーインタビュー 田中雅美(スポーツコメンテーター)

特集 “地”につく

いま、都市では、じかに土に触れ、においをかげるような機会は失われた。“地に足を”つけられなくなった。 そんな中、大地と私たちの関係を取り戻そうとする人々がいる。

足を“地”につける「ベアフット・ランニング協会」の吉野剛さんは、靴を脱ぎ、素足で走る“裸足ランニング”を提唱。「素足はそれ自体、完璧」(ダヴィンチ)であり、極めればフルマラソンも走れるという。

また“地”を回復する、米国・ポートランドのNPO「ディペイヴ」は、地域住民が集まり、駐車場や道路の舗装を剥がして、緑地や菜園など“土の生態系”を復活させる活動にとりくむ。

“地”を再生する「リビングソイル研究所」の西山雄太さんは、行政が数百万円かけて焼却処分する草木を引き取り、それを堆肥化。土を豊かにするノウハウを広く伝えている。さらに“地”と遊ぶ「スワンプ・サッカー」もある。

今年は、国連の“国際土壌年”。もう一度“地”に足をつけたい。


中国 “世界の工場”に密入国するベトナム人労働者

エルサルバドル 復活のオーガニックチョコレート

ビッグイシューアイ
       「この世界をどう良きものにしていくか」SEALDsから

監督インタビュー 『放射線を浴びたX年後2』

ワンダフルライフ
        本にも旅を、販売の秘訣はトーク――富永浩通さん

被災地から 甲状腺がん、その疑いは137人に」

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
        「違い」の中の「同じ」~似顔絵からのレッスン~

枝元なほみの悩みに効く料理 さといも入りしょうゆラーメン
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック