化話§楓蔦黄~七十二候~霜降

霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。

11月に入った初日、東京の最低気温は一けた台を記録した。体感的に
も冬近しではないかと思った。そして一昨日は早々に――去年がいつ
だったかわからないが
――羽毛布団を引っ張り出した。

ここで去年10月の天気を貼っていて、それを見ると雨がちな一か月だ
ったが、30度を超えた日が2日もあり、一か月を通しての平均気温は
今年よりもずうっと高かったと思われる。

“楓蔦黄”の候どおりに、我が家の周りの木々も順調に色づいてきて
いる。毎年のことだけれど“あれ、こんなところも紅くなったっけ”
というのもあって、それはそれ毎年サプライズだったりもするのだ。

どうやら今年は、冬の到来が早そうである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック