軌話§京王線あれこれ[47]定期券最終日

[承前]

1973年4月に、一浪して予備校へと通うべく東京に出てきてこのかた
42年半の間利用し続けてきた定期券に別れを告げる日がやってきた。
6月からの半年定期が今日で終わる。

とにかく定期券はお得である。我が家で考えると、新宿までの一か月
定期券だったら18往復半すれば元が取れてしまうのだ。

↓夢か現か幻か・・・
画像

そんな42年も利用し続けてきたから、有難味が薄れているような気が
しないでもないが、今でも週に2回くらいは京王線で新宿まで出て、
さらにその先にという行動をしているから、交通費が双肩にのしかか
ってくるのは明らかである。

しかも夫婦で出かけたりもするから、生活費の中に占める交通費の割
合はけっこうなものになりそうだ。だからといって外出を控えるとか
などできるわけではないので、そのあたりの塩梅をどのようにうまく
とっていくかが先々の課題になるだろう。

自由に使える資金は、サラリーマン時代から比べれば半減とまではい
かないにしても、おのずと限りがあるということを自覚して動かない
と、気がついたら首が回らなくなってということにもなりかねない。

ひとつだけ虫のいいことを考えているのは、例の頼まれ仕事が実現し
たら交通費がそれで賄えるかもということなのだけれど……。
                            [続く]

《京王線のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック