雅話§百人一首考[79]~あきかぜに~

[承前]

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

秋風に たなびく雲の 絶え間より
もれ出づる月の 影のさやけさ


画像

つまりは写真のような情景ということだろうか。左京大夫の一首は、
東の空に上がってきたばかりの満月の様子と思われるが、9月に尾瀬
で撮った一枚は、明け方西の方に沈んでいくフルムーンを捉えたもの
だった。

太陽に風情を感じるとするならば、中空のそれではなく、日の出か日
の入の太陽ということになるだろうが、お月様は様々なシチュエーシ
ョンに風情を感じることができ、幅広さは圧倒的と言える。

地平線からの上がり端はもちろん、中空のそれも、沈みかかる時も、
さらに満ち欠けがあるから、太陽とは比較にならないくらいたくさん
のバリエーションを持ち合わせているのだ。

さらに、雲というアクセントが醸し出す風情も加えれば、一味も二味
も違うのがお月様なのである。

こうして人は、古来より月を愛でて暮らしてきた……月が持つ表情は
人々の感性をインスパイアしてきたのだ。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック