捨話§放置ジャンボ機~持ち主は誰だ~

マレーシアはクアラルンプール国際空港にジャンボ旅客機が3機放置
されているというニュースである。これはまた、壮大な産業廃棄物と
いうことであるか。

画像

ご丁寧に機体からは、航空会社にまつわるマークの類は消去されてい
る。ではあるが、所有云々に関しての様々な管理情報は、あちこちに
存在しているはずだから、所有者の特定は難しいことではないのだ。

それで、特定された所有者に連絡を取ってはいるのだが“梨の礫”と
いうことらしい。

最終的には没収して売却という手段を取ることになりそうだが、飛行
機として飛ばして再利用できるものかどうか……どうも飛ばすことは
無理という話のようだ。

この世界にあっては、様々な廃棄物が無断で捨てられているが、ここ
まであからさまに“確信犯”的な行為も珍しく、そうそうあるもので
はない。

マレーシアでは、これに先立つ30年以上前にも持ち主不明で放置され
た飛行機があって、それは売却されたものの飛行させることはできず
で、地上にあってレストランに改装されて営業していたようである。

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック