悼話§ピエール・ブーレーズさん(音楽家)

最初に聴いたブーレーズが指揮する録音は、1963年にフランス国立放
送管弦楽団を振ったストラヴィンスキー『春の祭典』だった。およそ
40年前のことである。

ようやく『春の祭典』を聴き始めた頃で、好奇心から3種類ほど違う
録音を買って聴き比べをしたのだったが、ブーレーズの盤は録音状態
が悪く、何というか音楽の骨格標本を見て(聴いて)いるような印象を
持った……それはそれでおもしろかったのだけれど。

ブーレーズに残してくれた最大のものは、1976年のバイロイト音楽祭
百周年でパトリス・シェローの演出で上演された『ニーベルングの指
環』である。初年度における客席からの反応は一大スキャンダルとな
ったが、その当時は音楽専門誌のレポート程度でしか知ることができ
ず、はてさて何が起きたものか“隔靴掻痒”状態だったことを記憶し
ている。

その後1980年代半ばになって、ようやく舞台映像が放送されたことで
状況が見えてきたのだが、30年から40年前にして海外からのクラシッ
ク音楽事情の伝わり方などは、その程度でしかなかったのだ。

画像

ただ、そんなスキャンダルに興味を抱いたことがきっかけで、ここま
でワーグナーに対しての関心を持ち続けられたのは、疑いもなくピエ
ール・ブーレーズのおかげなのである。

享年九十

合掌

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック