雅話§百人一首考[89]~たまのをよ~

[承前]

式子内親王(しょくしないしんのう)

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
忍ぶることの よわりもぞする


“なまじ長生きなんかすると、耐え忍ぶ力が弱くなって、秘密の恋が
暴かれてしまうわ”……だから、それだったら死んだほうがましよ!
という、何とも激しい恋模様である。

そこまで本気――と書いて“まじ”と読む――に一途という場合に、
その相手の気持ちやいかにと考えてみた。で“俺もまんざらではない
のう”と鷹揚に構えるか“いやー、参っちゃうよね”と腰が引け気味
になるものかどうか。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック