移話§款冬華~七十二候~大寒

大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。

そして大寒がやってきた。季節というものは移ろっていくものだから
冬のすぐ背中には春がある……ということで、大寒の次は立春である
などとは言うまでもなく世のならいということだ。

そんな大寒前日の昨日は、大相撲の初場所観戦に出かけてきた。既に
十一日目ということで、優勝争いもかなり現実味を帯びてきていて。
特に幕内の取組は眼を離すことができず、なかなかに白熱の土俵であ
った。

ところで、今場所は力士にもインフルエンザ患者が出ていて、何人か
はインフル休場となったが、これもまた初場所ならではのことではな
かろうか。

ちなみに回復すれば再出場の力士も何人かいたりする。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック