移話§水沢腹堅~七十二候~大寒

大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。

寒さも底に到ったと言ってもいいだろう。たぶん一か月くらいは、こ
の寒さが続くと思われる。

我が家周囲は、先週月曜日に降った雪がまだ残っている。特に北側は
毎度ながら凍りついてしまって、溶けるまでには相当に時間がかかり
そうなのだ。何せ、陽がほとんど射さない場所だからなおさらだ。

年齢のせいか、例えば冷たくなった手がなかなか温まってくれなくな
ってきている。特に今年になってそのことを実感しているが、去年ま
でのつもりでいて、そうでないということにしばらくして気がつくと
いう鈍さなのである。

こういう時の対応の鈍さは、頭ではわかっていても実際の場面になる
と体が忘れているという……これはもう長年培った自分に恃み続けた
ツケがまわってきていると思うしかなく、もう歳なのだからと自分に
言い聞かせて、年齢なりの寒さ対策を行わなくてはならないのだ……
今さらながらの反省とは、遅きに失しているか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック