ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 歳話§初めての定年[19]会社同期会

<<   作成日時 : 2016/02/23 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

先週の水曜日、会社の同期会があった。銀座のというか数寄屋橋から
少し入ったビルの3階にある魚料理の気楽な居酒屋である。

およそ38年前に入社した時は、四大卒男子16名、女子10名と短大卒女
子10名で、この日集まったのは13名だった。何だかんだと退職してい
った結果、定年という年齢まで残ったのは18名……四大男子10、女子
6、短大卒2と、ちょうど半分というのは、多いのか少ないのか。

同窓会とか同期会とかの常なのかどうか、話し始めると一瞬にして新
入社員時代の空気に覆われ、時間が逆回転していくような錯覚に囚わ
れる。

全員が同じ時代の共通項を有していて、ボキャブラリーも共通してい
るから、そんな状況が自然に生まれるのだろう。

そんな会話も、二十代と六十代とは自ずと違っている……口をついて
出てくる話題とは、これがほとんど“健康”にまつわることなのだ。

かつて、不安な面持ちで入社をした我々は、38年過ぎた今を鑑みて、
黄昏感に満ち満ちつつ、会話にはしゃぎまくるという複雑怪奇な状況
にあった。

あの頃、週末になるとディスコなどに繰り出しては朝まで遊びまくる
という若者がいたわけだが、そんな我々も21時頃にはお開きするとい
う……気がつけば“光陰如箭”なのである。
                            [続く]

《定年のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
歳話§初めての定年[19]会社同期会 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる