ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 雅話§百人一首考[百]〜ももしきや〜

<<   作成日時 : 2016/02/25 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

順徳院(じゅんとくいん)

ももしきや 古き軒端の しのぶにも
なほあまりある 昔なりけり


たどり着いた百首目は本当によく知っている歌で、いかに“中抜き”
のキセル乗車をしていたことが見え見えではないか。

父である後鳥羽院と起こした承久の乱に失敗して、息子である順徳院
は佐渡島に流され、そこが死に場所となってしまった。

貴族の世は終わり、いくら偲んでも余りあるという懐古の意趣をこめ
て詠んだ一首を、小学生に理解しろというほうが無理な話で、ももし
きに“股引”をなぞらえるというレベルの低い読み方をしていたこと
は、今さらながら反省をしなくてはならないだろう。

さて……ようやく百首を自分なりに読み返してきたが、どうにも浅薄
な読解力を晒したに過ぎず、本人もまた息も絶え絶えで何とか完走さ
せたという徒労感のほうが大きいようでもある。

それでも、注釈を頼りに一首一首を読んでいった一年が無駄ではなか
ったと思いたい。

無事最後までエントリーを上げられたことを記念して“腰折れ”など
作ってみた。俳句は何とかなっても、短歌はどうも難しい。五七五に
続く七七をうまくまとめることができないのだ。それでもせっかくの
ことなので、撰者定家へ感謝の一首ということである。

藤原の 権中納言 定家が
撰びし百首 けふ読み終えぬ


連載は終了するが、最終回として索引をアップすることにしている。
ただ単にリンクを羅列するだけのことだが、我が試みがいかに無謀で
あったか……まざまざと俯瞰できるはずだ。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
雅話§百人一首考[百]〜ももしきや〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる