ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 痛話§骨折をした過去

<<   作成日時 : 2016/03/21 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

そういえば、一度だけ骨折したことを思い出したので書いておく。

高校3年の時だから、今から43年も前になる。1学期の体育の授業は
ラグビーで、一通りルールと基本的な動きを覚えた後は実戦である。

何回目かのゲームの時、密集の真っ只中で薬指を踏まれてしまった。
その時は気がつかず……というか、その直後にボールが我が手に回り
トライに持ち込むことができた。

その日は突き指でもしたのだろう程度だったが、翌日になると第一関
節が腫れだしてきた……それも尋常ではない腫れかただったので、こ
れはいかに?と思いながら整形外科に行くと、即座に「骨折ですね」
と診断されたのである。

診断名“剥離骨折”なるもので、レントゲン画像を見るとこんな感じ
に第二関節の先端が欠けてしまっていた。治療はというと、内側にス
ポンジ状のものを貼りつけた金属板で薬指を挟んで反り返らせ、離れ
た骨片を第二関節に近づけて元に戻そうというものだった。

3週間ほどで骨片は元の場所に付いてくれ、その後リハビリとして、
こわばった指を溶けたパラフィンの中で曲げ伸ばしをしてやったが、
腱が緩んでしまったようで、第一関節が真っ直ぐになることはなかっ
た。特に不便を感じはしなかったけれど、そんなことでも人間の体は
変化するのだと痛感したのである。

《健康のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
痛話§骨折をした過去 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる