師話§そうだ京都!~古都逍遥~

[承前]

二日目の午後は少しばかり遠出をするので、午前中はホテルからあま
り遠ざかることはせず、近場を散策するにとどめた……前夜と似たよ
うなエリアを歩きつつ、お約束としてイノダコーヒ本店でお茶したの
はもちろんのことである。

これまた久々に入った三条堺町の本店だが、全館禁煙になっていて、
個人的にはありがたかった。飲んだのは苦みの強いジャーマンブレン
ドで、イノダのデフォルトであるアラビアの真珠の酸味よりは好みと
思われた。会計を済ませたついでに、ジャーマンブレンドのアルミパ
ックに入りのコーヒー豆をお土産に購入。

昼ごはんは、これもホテル近くにあるおいしいらしいパン屋さんで買
った“おかずパン”で済ませて、午後のメインイベントに出かけた。

……メイン会場の前に、今出川まで地下鉄に乗って同志社大学のキャ
ンパスに入り、第二次大戦下の治安維持法によって逮捕され獄死した
韓国生まれの詩人“尹東柱(ユンドンジュ)”の詩碑を見る。

画像

画像

日韓併合当時に禁止されていたハングルで詩作をしたというのが逮捕
の理由だが、言葉を奪われることの苦痛がいかほどのものだったか、
圧政を行うものが気づくはずもなく、それがいかに恥ずべき犯罪行為
であるのか、身をもって思い知るべきなのだ。

キャンパス内のチャペルを挟んだところに建つ詩碑を見た後、今出川
通に出ると、そこには冷泉家が千年のデータベースを有して佇んでい
た。

通りを挟んだ南側は京都御所が広がっていて、禁裏裏側を、しばしの
散策としゃれ込んだ後は、再び今出川通に戻りタクシーをつかまえて
その行く先は……。
                            [続く]

《京都のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック