週話§日曜些事~監事の引継ぎとか~

我が団地の管理組合理事会は、理事長以下監事2名を含めて10名によ
って運営されていて、150世帯だから15年に一度回ってくる計算だ。

理事を2年以上連続して務めることはできないが、理事から監事へと
いう流れは通例になっているので、前々年度と前年度の2年連続して
理事&監事を務めさせられたのである。

監事仕事は理事ほどにあれこれするわけではなく、管理費や大規模修
繕積立金、駐車料金の出入りチェックすること、それから理事会の議
事録をチェックして不備がないか見ていくわけだが、経理業務のあれ
これについては、管理組合が委託している事業所を通して行っている
から、事実上のWチェック体制のおかげで、おかしなことはこれまで
起きてはいない。

監事は、こういうことをやるんですよ……などとアドバイスするほど
のことなどないが、今年度の監事をすることになった前年度理事2名
と合わせて4名、おっさん呑み会に行ってくるのだ。

定例の理事会に出席はするものの、基本的にはオブザーバー的存在で
はありながら、進行する中で「前年はこうでした、こうしました」と
流れを整える“語り部”的な要素もあるのだと気がついた。

なので新監事にもそのあたりを押さえてもらえればと思うのである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック