週話§日曜些事~ワーグナー203歳~

今年もリヒャルト・ワーグナーの誕生日を迎えた。彼が生まれた頃、
1813年の欧米は戦争状態にあった。

まず、ナポレオン率いるフランス軍がドレスデンに侵攻し、その後、
乳飲み子であるワーグナーのいたライプツィヒも侵攻されたとは、前
に書いたことである。

加えて、スペイン独立戦争や米英戦争が真っ只中という、戦争だらけ
状態なのだった。

日本に目を転じるなら、徳川幕府のもとで化政文化が花開いていた、
いわば穏やかな安定期と言えるだろう。日本が世界の潮流に呑み込ま
れるのは40年ほど先の話で、ペリーが浦賀に来航して開港を要求した
頃、ワーグナーは『ラインの黄金』を作曲、楽劇の世界に足を踏み入
れたのである。

《憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック