連話§ワタシの酒肴[96]焼き空豆うまー!

[承前]

空豆はずうっと塩茹でしていたのだが、先週思い立ってガスレンジの
グリルで莢ごと焼いてみた。居酒屋では焼き空豆を注文しては食べて
いたので、どんなものかと調べたら弱火で10分という御託宣だった。

というわけで、買ってきた莢入り空豆をグリルにほうりこんで着火。
グリルのタイマーを9分にセットしてスタート。

9分後に取り出してみれば、莢に焦げ目はついているものの、豆本体
は焦げることなく蒸し焼き状態で仕上がっていた。

さっそく食卓に持っていき、皮を剥いて食べてみると、ほっかり感が
しっかりあってうまい。茹でてしまうと、何となくだがフニャフニャ
した感触になってしまうことに比べれば、いくぶんか歯応えもあって
旨みも残っているのはうれしい。

莢から取り出すのが面倒だなと感じないでもないけれど、ここまで簡
単に焼き上がるのだったら、最初からそうしていればよかったなあと
思ったのは内緒。

この日焼いたのは全部で12莢、中の豆は30粒ちょっとで、皮を剥いて
塩をちょっとだけで、気がつけばさらに残ったのは残骸の皮だけにな
っていたのである。空豆の季節は短い……マーケットで莢入りが売ら
れているのを見つけたら、迷わず買うことにしよう。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック