ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 繭話§四谷怪談〜コクーン歌舞伎〜

<<   作成日時 : 2016/06/22 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

シアターコクーンで『四谷怪談』は2回目。前回は10年前で、北番と
南番という2バージョンを観ている。演出は今回も串田和美である。

画像

中村扇雀がお岩と佐藤与茂七を、中村獅童が民谷伊右衛門を務めるが
東京バレエ団で踊っていた首藤康之が小汐田又之丞役を務めるという
どんな舞台になるだろうかという興味もあってのこと。

平日13時半開演というおかげで下から2番目に安いチケットが取れ、
やれうれしやと2階席最上段に座る。

芝居の始まりは四谷怪談当時から現代までの姿の群衆が舞台上を右往
左往するところから始まった。さて、これは何を意味するものなのか
律儀に考えているうち「藤八!」「五文!」「奇妙!」なる売り声で
勘九郎の直助権兵衛が登場。七之助のお袖に言い寄るものの……とい
う、見覚えのあるやり取りで狂言が動き出した。

と、バックにモンゴルのホーミーが流れてくる。馬頭琴を手にしたの
は日本人だろうか。生ホーミーを聴いたのも初めてだが、日本人でホ
ーミーのできる人がいるのかと驚いたのである。

でまあ、そんな要素があちこちに出てくるものだから、中心となるス
トーリがコラージュとなって分断されることになってしまった。これ
で伊右衛門が芯としてしっかりしているのならいいのだが、獅童では
決定的に性格が弱い。お岩を務めた扇雀が丁寧な性格描写をしていた
だけに、彼のところだけぽっこりと凹んでしまっていた。そうなると
勘九郎や七之助の芝居のほうが際立つと感じてしまう。

二幕目、小仏小平宅の場で登場した首藤康之の小汐田又之丞は、病に
臥せってという設定で、ダンサーらしく活動的な役かと思っていたか
ら拍子抜け。ついでながら、台詞がどうにも素人臭くて残念な配役。

結局、最後までとっちらかった舞台で、もう少し省けるものがあった
だろうにと、休憩込み3時間の『四谷怪談』は疲れる結果に終わって
しまった……もはや歌舞伎の筋を借りた現代劇と化していたことに気
がついたのである。

《歌舞伎のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
繭話§四谷怪談〜コクーン歌舞伎〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる