顧話§今日の歴史~空の架け橋作戦~

1948年6月24日、ソ連がベルリン封鎖を開始。

第二次世界大戦後、ドイツは東西に分断され、ベルリンも東をソ連、
西をアメリカ、イギリス、フランスの4か国統治体制となった。

西ベルリンは、東ドイツの中にあって孤島状態だったから、ソ連は、
西ベルリンを兵糧攻めして、西側3か国にベルリンを放棄させようと
目論んでのベルリン封鎖だったのである。

それに対抗したのが“空の架け橋作戦”だった。西ベルリン市民のた
めに食料品や生活用品などのピストン空輸を続けたのだ。

結果として1949年5月には、失敗を認めざるを得なくなったソ連が、
封鎖を解除し、西ベルリンへの陸路交通が復活したのである。その後
1961年8月、旧東ドイツは西ベルリン市を囲む“ベルリンの壁”を建
設した。壁が崩壊したのは1989年11月のことである。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック