顧話§今日の歴史~曾我の五郎と十郎~

1193年6月28日、曾我兄弟の仇討ち。

源頼朝が富士の裾野で盛大な巻狩を開催した最終日6月28日の夜、工
藤祐経の寝所を襲った曾我兄弟が祐経を討ち倒した……これが俗に、
曾我兄弟の仇討ちである。

さすがに15年ほども歌舞伎を観ていると、この史実を芝居にした『寿
曾我対面』も数度は観ているだろうか。

ついでながら『助六』は代表的な『曾我物』で、助六が実は弟五郎、
白酒売新兵衛が兄である十郎という“実は”の世界なのだ。その他に
『矢の根』や『外郎売』なども曾我物も呼ばれていて、何度か観てい
ることを思い出した。

子供の頃から曾我兄弟の仇討ちは薄っすらとした知識としてだったが
詳細を知ったのはずいぶん後になってのことである。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック