連話§ワタシの酒肴[105]ナムル

[承前]

ナムル好きである。ただし、ほうれん草と豆もやしのナムルに限る。
大根千六本のナムルは少々食べるけれど、ぜんまいはほどんど食べな
い。

焼き肉を食べる時だけではなく、日常でもパックを買ってきて、肴と
していただいた後、ご飯にのせれば“何ちゃってビビンパ”としても
楽しめるので、一石二鳥である。

それぞれ、塩と胡麻油で軽く和えていて、豆もやしの豆の歯応えと、
ほうれん草の柔らかさのバランスもいいので、ついついビールが進ん
でしまう。

ただ、なぜだかはわからないけれど、市販のナムルは概して値段が高
いと感じている……えっ、100gなのにこの値段?と驚くことになる。
というわけで、キムチは日常の惣菜として常備しているけれど、ナム
ルは買うのを躊躇することもあるのは何とも悩ましいところである。

などと書いているうちに食べたくなるのが酒の肴の性というもので、
ナムルを買いに走ろうとするのだ。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック