ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧話§老後旅事始〜パルジファル開演前〜

<<   作成日時 : 2016/09/19 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

バイロイトで『パルジファル』を観るのは4回目である。1991年の初
詣と、1997年にヴォルフガング・ワーグナーの舞台演出で、2008年が
シュテファン・ヘルハイムの舞台演出初年度である。そして今回も新
演出の初年度にあたっているので、ほとんど白紙状態で臨むことにな
る……チケットは忘れたらいけないと、もちろんしっかりチェック。

画像

15時には劇場に到着し、カンティーネと呼ばれている“大食堂”で、
ケーキとコーヒーでお腹を整えた……経済的な余裕及び胃袋に余裕の
主は、カンティーネからすぐ下にある祝祭レストランに行くのだが、
そこは既に別世界なのだ。

さて、テロ対策の安全管理ということで、荷物チェック――なぜだか
わからぬが女性のバッグばかりで男性はスルー
――があったりする中
に、バイロイトの劣悪な座席をカバーするクッション類の持ち込みが
禁止されてしまったことは大きい。

それで、1階のガルデローベ(クローク)を通りかかったら、黒いクッ
ションが積まれているのに気がついた。聞けば“いくばくかの寄付”
で貸し出しているというので、これ幸いと確保した。

幕間休憩に持ち出そうとしたら、ガードマンに「だめ」と言われたの
で、最初の2公演は客席に置きっぱなしにしておいた。それで最終日
『さまよえるオランダ人』の日に“いくばくか多めの寄付”をして、
お土産にした写真がこれ。

画像

というわけで『パルジファル』の開演である。
                            [続く]

《ワーグナーのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
欧話§老後旅事始〜パルジファル開演前〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる