欧話§老後旅事始~今日は休養日[上]~

[承前]

『パルジファル』の翌日は空き日であるが、祝祭劇場では単独公演の
『神々の黄昏』が上演されることになっている。

もちろん我々はお休みにした。といってもやることといったら、街を
ぶらぶら歩くことくらいのものだから、朝食を済ませた後は、部屋で
ゆっくりし、10時過ぎたところでやっこらさと重い腰を上げたのだ。

町の中心部にある郵便局で、同居人が友人宛に書いた絵葉書を投函。
そしてさらに歩みを進めると、祝祭劇場に出店をしている書店に通り
かかる……昨日、パルジファルを歌ったフローリアン・フォクトのサ
イン会の告知があった。

画像

何かおもしろそうな本はあるものかと店内を物色するが、そんなに簡
単に読めるような本などあるはずもなく、早々に退散。緩い坂を下る
と右側に辺境伯歌劇場が目立たない外観で建っているのだが、どうや
や修復工事の最中のようで、裏側からの1枚を。

画像

さらに歩いて、1991年初詣の時に泊まった大きな三角屋根のホテルを
懐かしく眺めてヴァーンフリート荘に向かう。

画像

ここも修復が完了していて、さらにワーグナー博物館なるものが開設
されていたので、どんなものかと一人8オイロを払って入場したが、
展示物の内容はともかく、展示レイアウトあれこれが不親切に過ぎて
釈然としないまま退出。裏手庭の奥にあるワーグナーの墓参りだけは
忘れずに済ませたところで腹が空いてきた。
                            [続く]

《ワーグナーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック