欧話§老後旅事始~湖上音楽祭界隈[上]~

[承前]

ブレゲンツ湖上音楽祭湖上音楽祭の開演は21時である。ということは
演目によって終演が0時を過ぎることもあるということだ。これは、
早寝の人間には試練と言えないこともない。25年前には、ヴェローナ
音楽祭で午前1時近い終演を経験していたのに……。

翌日のために、そんな様子を確認したくて夕食後、会場に行ってみた
……開演2時間前だというのに“見学者”が客席まで自由に出入りで
きるというのも、鷹揚といえばあまりに鷹揚ではありませんか。

画像

というわけで去年と今年の演目『トゥーランドット』の舞台の様子を
“予習”させてもらった。円形舞台の端っこに突き出しているのは、
プッチーニの病室であると、客席通路の床に並べられていた説明書に
あった。

画像

この日の日没は20時20分頃で、20時を過ぎた頃からこの日のお客さん
が入場を始めた。いい席のお客さんはそれなりに気張った洋服でお越
しになっているが、数十オイロといった安い席に向かう人たちは、け
っこう気楽なかっこうで席に向かう。

スタンド席とは別にプレミアムシートも売られるが、それには様々な
特典が付いていて、チケット代も300オイロ超だったりする。

さて、開演時間の21時ほぼちょうどに音楽が始まった。野外だから音
が聴こえるのはもちろんだが、会場の横隙間から舞台の様子が見えて
しまうのもご愛敬であるか。

画像

                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック