週話§日曜些事~金木犀のかほり~

もう薄れてしまったが、9月下旬から金木犀の香りが我が家の周りを
漂っていた……いささか嗅覚が鈍いこともあって、よほど近寄らない
と匂いを感じることができないでいるのである。

春彼岸の頃の沈丁花と、秋彼岸の金木犀と、どちらも特徴を持った香
りだが、沈丁花のほうが春らしく“華やぎ”のようなものを感じさせ
るのに対して、金木犀は控えめに、かつひっそりと“さりげなく”香
ってくるようだ。

そんな金木犀の香りも10日ほどで、秋雨とともに花が散り出して、香
りもまたいずこへと消え去っていってしまう。このように初秋が過ぎ
去って、一段と秋が深まっていくのである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック