週話§土曜些事~団地仲間と呑み会~

一昨年、昨年と団地管理組合の理事と監査を続けた関係で、お仲間が
でき、今夜はその数人が集まって呑み会をする。今年4月に引継ぎを
兼ねて呑んで以来なのだ。

団地住民の高齢化が顕著である。現役で働いている人がどれくらいい
るものか、学齢期にある子供がどれくらいいるものか、先々を考える
と不安なムラ社会である。

団地が完成して入居したのは1983年――我々は1996年の入居――だか
ら、当時三十代半ばから四十代半ばの働き盛りに入居した人たちです
ら六十代後半から七十代後半と、既に人生の黄昏を迎えているのだ。

そうした高齢化の問題を含めて、団地内には問題が山積していて、寄
り合えばそれが話題に上ってしまう。

理事会を離れたからといって問題から逃げられるわけもなく、だから
せめてできるところからコミュニケーションを重ねていくしかない。

まあ、気楽な息抜きということでもある。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック