肥話§餃子ライス~澱粉質問題~

前にも書いたような気はしているが、澱粉ものをおかずに澱粉を食う
というお話である。

自分にとっては餃子ライスが代表的なもので、初めて口にした小学生
の頃から、何の疑問も感じることなくご飯のおかずとして餃子を食べ
ていた。

高校生くらいの頃だったか、食に関する評論家だったかが「餃子ライ
スなる食べ方は澱粉の重ね食いでおかしい」といった内容の文章を新
聞に寄稿していたのを読んだ時も、確かにそうかもしれないけれど、
合うからなあ……という程度で、気に留めることもしなかったのだ。

それは食べ盛りの頃のことで、ただ最近は少しばかり風向きが変わっ
てきて、餃子だけでお腹が満足するようになってきた。それでも習い
性でご飯を合わせてしまうのだが。

それ以外にも、ラーメンライスだったり、カツ丼に盛り蕎麦、さらに
お好み焼きにライスを付けるなんてのが関西には存在しているようで
頼もしいというか何というか(違

ついでに書くならば、焼きそばパンなるものも存在していて、これも
けっこう好きだったりするから、ダブル澱粉質食の奥は深いんだぜ。

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック