ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 街話§神保巷塵[37]この日も三幸園

<<   作成日時 : 2016/11/10 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

先週の半ば、古巣の会社に用事があったので、古本まつりを冷やかし
がてら神保町に行ってきた。

古巣の用事は一時間足らずで終わり、さて古本まつりをと思ったら、
小雨が降っているではありませんか……そうなると露店は一斉にブル
ーシートを積んでいる本にかぶせて防衛するわけで、その手間たるや
大変な労力ではと察するのである。

というわけで本屋さんを何軒かうろうろした後は、交差点近くにある
和菓子屋でどら焼きを、それから中古CD屋で2枚ほど買った後は、
路地裏の2階にある珈琲店にしけ込んで1杯のコーヒーで一時間ほど
滞在。

仕事をしていた頃は喫茶店に入っても30分といられなかったのだが、
最近は腰が据わってきたのかのんびり過ごすコツがつかめたようだ。

時刻は16時半を過ぎたあたりで少し空腹を覚えてきた。昼頃に最寄り
駅でうどんを1杯食べたのが、動いているうちに消化したようで、そ
れではと少し早いが夕食にしようと珈琲店を出た。

本当は新蕎麦を手繰ろうかと考えていたが、目当ての蕎麦屋の開店は
17時半でそこまでは待てず、いくつかの選択肢から4月に行っている
白山通り沿い餃子の三幸園。そうと決まれば一目散にである。

画像

もちろん生おビールをジョッキで1杯。アテに注文したのはいつもの
餃子ではなく“海老のマヨネーズ和え”だ。マヨネーズ好きなれど、
やや甘め味つけのマヨネーズなので、少なめにとリクエスト。

画像

16時半過ぎとは世間はまだ明るくて、まだ少しばかり会社員時代の意
識が残っているからか、17時半前にジョッキを傾けることに罪悪感を
感じたりもするが、なあに……呑んでしまえばそんなものすっ飛んで
しまうのだ。

生おビールは1杯にして紹興酒を常温もらい、海老マヨを片づけての
締めには、さすがにフルサイズはきついのでチャーハン半分をいただ
いてお勘定。

一週間に一度は無理にしても、2週間か3週間に一度は神保町徘徊を
やりたいものである。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
街話§神保巷塵[37]この日も三幸園 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる