憩話§コーヒーを淹れましょうか

毎朝のコーヒーを淹れる当番です。

結婚した当初は夫婦の出勤時間にずれがあり過ぎて、そんな余裕など
なかったが、たぶんもう30年近く淹れているはずである。

豆も、もう20年以上同じ店で買っていて、電話をするとそこから生豆
を煎り始めるので、しばらくして取りに行く。いつも同じ“ヨーロピ
アン・ブレンド”という豆を1kg深煎りしてもらって持ち帰る。5袋
ほどに分けて詰められているのを、使う分以外は冷凍保存するのだ。

以前は店で挽いてもらっていたが、もう10年以上手動のコーヒーミル
を使っている。挽くのは同居人の役目で“左手の強化訓練”と称して
毎朝左手を使って挽いている。

湯を沸かすのは、コーヒーをドリップしやすい小ぶりな専用ポット。
あとはペーパーフィルターで落とすのだが、同居人はカフェ・オ・レ
がお好みなので、マグカップに牛乳を入れ、それを電子レンジで熱く
したやつに落とし込む。

挽き方は、普通のペーパードリップの標準よりは細かめにしている。
それで、普通にドリップするよりはもう少し大雑把に最初からたっぷ
りの熱湯をドリッパーに落としてやって、それで塩梅を見つつフィニ
ッシュするという感じだろうか……とはいえ、味が一定しているとい
う感じはしない。30年も淹れていて上達しないままなのも不思議だ。

それで特に事情がない限りは“朝の1杯”のみ。同居人はというと、
むしろ日本茶党だったりするので、いずれにしても困ることはない。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック