ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 顧話§今日の歴史〜うわべだけの欧化〜

<<   作成日時 : 2016/11/28 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1883年11月28日、鹿鳴館落成式。

リヒャルト・ワーグナーが死んだのは1883年2月。その年の秋には、
日比谷公園向かい、帝国ホテルのあたりに鹿鳴館が完成し、落成式が
行われた。

明治維新から20年足らずの日本は、欧米から認知されないという以上
に、野蛮国扱いすらされていたような状況だったのである。

それを打開して対等な扱いを目指しての欧化政策が井上馨などの手に
よって推進され、鹿鳴館の建設もその一環なのだった。ところが一朝
一夕に欧化などできるはずもなく“猿真似”以下の慣れない西洋マナ
ーをする様子は、欧米外交官の嘲笑の的にすらなっていたのだ。

そんな鹿鳴館は1890年には閉鎖されて華族会館へと様変わりし、取り
壊されたのは1940年のことである。

戦後も70年が経ったが、日本人が“欧化”しているかといえば、見か
けはいかにもではあれども中途半端さは否めないと思うのは、海外を
旅している時で、日本人が目指した“欧化”とは何だったのかという
くらい、その実質は異なるということに気づかされる……断っておく
が、欧米が日本の上に位置するという意味ではない。

《歴史のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
顧話§今日の歴史〜うわべだけの欧化〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる