鶏話§焼き鳥の串~大きなお世話~

下の写真は、ツィッターを巡回していて見つけたもので、拝借御免。

画像

結論から書くなら“焼き鳥を串のまま食べようが、抜いて食べようが
大きなお世話”ということである。

一人で焼き鳥を食べるのだったらまだしも、何人かで呑み食べする時
には、どうしてもシェアしてということになるわけで、そうなったら
串から抜いて皿にということになってしまうだろう。

ついでに突っ込みを入れるならば“これではフライパンで焼いても同
じ”というところで、炭火で脂を落としながら焼くから焼き鳥はうま
いのであって、フライパンで焼くのとはまたく違うはずである。

確かに小さく切り分けられた肉を一つずつ串に刺す手間が膨大なこと
は理解できるけれど、注文した焼き鳥をどう食べるかは、お客の自由
ではないか。どうして“お客さんが食べやすい方法でどうぞ”という
風に言えないのか。店の居心地を窮屈にしてどうするつもりなのだ?

というわけで、看板についての異論はこれで終わりにするが、そんな
“串から食え”派の人たちであっても“手羽先”については、串から
はずしてが大半ではなかろうか……

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック