移話§乃東生~七十二候~冬至

冬至の初候“乃東生(なつかれくさしょうず)”である。

冬至となった。この日、東京の日の出は6時46分、日没は16時32分で
ある。何度も書いているように日没は10日前から遅くなり始めたが、
日の出は1月上旬に向かって5分ほど早くなる。

このところ、朝起きるのは6時過ぎで外はまだ暗い。居間のカーテン
を開け、窓際の温度計で外気温をチェックする。6時前後だと5度を
切るようになってしまった。

北側の勉強部屋に入り、パソコンデスクに向かって座る前にエアコン
の暖房をつけ、さらに足温器の電源も入れる。そうして、同居人が起
きるまでしばしの間を過ごすのだ。

7時前、世間が明るくなる頃には、ミニバスと呼ばれている地域コミ
ュニティバスも行き交うようになり、一日が動き出す様子を窓から垣
間見ているのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック