ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 江話§上京日記[8]NHKホール柿落とし

<<   作成日時 : 2016/12/27 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

1973年6月20日、NHKホールの柿落とし記念公演が行われた。その
日はオルガン演奏会ということだったが行ってはいない。行ったのは
それから一週間後に行われた落成記念公演で、ヴォルフガング・サヴ
ァリッシュが指揮したNHK交響楽団によるベートーヴェンの第九で
ある。

指揮:ヴォルフガング・サヴァリッシュ

ソプラノ:アンナ・トモワ=シントウ
アルト:荒道子
テナー:ヘルマン・ヴィンクラー
バリトン:ローラント・ヘルマン

NHK交響楽団
東京藝術大学合唱団

これが、東京で40年を超えるコンサート通いの事始めとなったのだ。
聴きに行った日は2日目の6月28日で、チケットはとっくに発売され
ていた。結局のところ買えた席は最前列中央とは、コンサート慣れし
てしない身にしてみても条件がいいとは思えなかったがしかたない。

画像

というわけで、チケットを買っての初めての演奏会だったが、神南の
ホールまでどのように行って帰ってきたのか、記憶は曖昧になってし
まっている。

特に、第九の演奏がどうであったかということについては、ほとんど
覚えていないと言っていいだろう。辛うじて覚えているのは、第九に
先立って同じくベートーヴェンの大フーガ弦楽合奏版が演奏された時
に、コンサートマスターである田中千香士の動きだった。それがコン
マスの動きであったのかどうかはわからない。

第九については、予想通りに音が頭上を通り過ぎて行ったという印象
だったが、もう一つ覚えていることとして、真後ろに座っていた男子
高校生3人組がいて、終楽章が終わると同時に“ブラヴォー!”と叫
んだのだが、まさに“フライング・ブラヴォー”を聞いた初めてでも
あったのだ。
                            [続く]

《東京のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
江話§上京日記[8]NHKホール柿落とし ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる