ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー303号発売中!

<<   作成日時 : 2017/01/15 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー303号は1月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入に。キャリー・マリガンが表紙。

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー キャリー・マリガン

リレーインタビュー 木村多江(女優)

特集 命のバトン――「赤ちゃんポスト」の10年

児童虐待はここ15年間で、相談件数が8倍に増えた。死亡例の6割以上は0歳で、そのうち55%が生まれたその日に殺されている。

そんな赤ちゃんを遺棄や虐待死から救うため、熊本県の「慈恵病院」が新生児を匿名で預けられる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を開いてから、約10年がたった。当時は「子捨てを助長するのか」など、賛否両論が巻き起こった。

その後の10年「ゆりかご」が預かった赤ちゃんは125人以上となった。預け入れは当初に比べると減りつつあるが、それを未然に防ぐため開設した24時間フリーダイヤルへの妊娠相談は10倍以上に急増している。

慈恵病院・理事長の蓮田太二さん、そして現場スタッフのみなさんに「こうのとりのゆりかご、その10年」について。また、柏木恭典さん(千葉経済大学短期大学部准教授)に「緊急下の女性と、ドイツの『内密出産法』」について聞いた。

いま"命のバトン"をつなぎ、誰もが幸せに育つ社会を考えてみたい。


↓特集の内容の一部
画像

[WORLD STREET NEWS 世界短信]
難民問題を伝える、当事者メディア ドイツ『Re:スピーチ』

ワンダフルライフ 車体の屋根にスナゴケ敷き詰め“屋上緑化”
                       ――泉原一弥さん

滝田明日香のケニア便り 象の過酷すぎる現実

監督インタビュー 『タンジェリン』 ショーン・ベイカー監督

今月の人 クロアチア『ユーリクニ・スイェルジェイク』誌
                      販売者ルジェーリャ

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                宇宙人が地球にやってこないわけ

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
                貧困が若者を安倍支持に追いやる

被災地から 「チェルノブイリ博物館」と「コミュタン福島」

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理 娘が反抗期
                 ――鶏の唐揚げ・紅芯大根添え
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
告話§ビッグイシュー303号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる