ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 板話§今日は壽初春大歌舞伎昼の部へ

<<   作成日時 : 2017/01/23 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

吉右衛門の『沼津』を観ておかなくてはということで、正月の歌舞伎
座は昼の部一本。とはいえ今月は、浅草と新橋にも出かけているので
マメな観劇行動である……さすがに国立劇場までは足が向かないが。

画像

大歌舞伎と謳ってはいるけれど、もうこの何年か――勘三郎と團十郎
が死去して以降
――というものは、花形を卒業しつつある染五郎あた
りが、好む好まないに関係なく、大歌舞伎の看板役者として仕立て上
げる舞台が増えている。

それはもう待ったなしで“ひとかどの役者”として活躍してもらわな
ければならないのだ。こうして中堅役者からその先へとステップアッ
プするための修業真っ最中なのだ。

そんな劇場通いをするお客さんは、時として気まぐれであり、ちょっ
とでも興味が薄れようものなら、すっと小屋から遠ざかってしまうこ
とも珍しいわけではない。

歌舞伎を観始めた2001年から16年が過ぎようとしている。その当時に
二十歳だった役者は三十代半ばに、三十歳の役者は四十代半ばに差し
掛かっているから、彼らのこれからの活躍に期待をするのである。

《歌舞伎のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
板話§今日は壽初春大歌舞伎昼の部へ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる