ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 米話§餅について考える

<<   作成日時 : 2017/02/22 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

餅は変幻自在の食べ物である。

基本的には角餅を焼いて醤油をつけて海苔を巻く“磯辺”を最初に挙
げておくが、その先は多種多彩で、甘いのは餡をまぶしたりきな粉を
つけたり……砂糖醤油でという人もいるが。

それが搗きたてであるならばバリエーションはさらに豊かに広がりを
見せるが、その最高峰が“辛み餅”であるというのは疑いようがない
だろう。

大根おろしと醤油を合わせた中に、搗きたてでまだ熱く柔らかい餅を
ちぎり入れて食べるわけだが、これがすこぶるという以上にうまい!
大学時代にアルバイトをしていた尾瀬の山小屋で、時折餅搗きをする
のだが、その時などピンポン球大の辛み餅をいくつもいくつも食べた
記憶がある。

食欲旺盛な若い人間が消化作用のある大根と一緒に食べるから、いく
ら食べても胃にもたれることなどなかった。

その後、納豆餅の存在を知った。うまいということを否定はしないが
やはりというか辛み餅にはかなわないと感じている。

それから好きなのは汁に入れて食べる餅で、雑煮を筆頭に味噌汁だっ
て何だってかまわないのだ。そういう意味では、ご飯をあれこれする
よりも簡単で、臨機応変に応用がきくありがたい存在と言えるのだ。

《日本のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
米話§餅について考える ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる