ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 今話§現代音楽〜ゲンダイオンガク〜とは?

<<   作成日時 : 2017/02/27 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あれも聴かない、これも聴かないばかりの狭い範囲のクラシック音楽
好きであるから、いわゆる現代音楽(ゲンダイオンガク)も当然ながら
聴く範疇に入ってはいない。

ストラヴィンスキーの『春の祭典』がギリギリで、ベルクやシェーン
ベルクも猫またぎである。

ましてや戦後のジョン・ケージたクセナキス、リゲティ、さらにメシ
アン、ブーレーズ、シュトックハウゼンなどなども言うを待たない。

抽象画を見ても、何が描かれているのかさっぱり理解できないのと、
おそらくは似たようなものであろうと思うが、耳の中で鳴っている音
の一つだにわからないのだ。

まあ、オーケストラのコンサートでもわざわざ現代音楽を選んで出か
けることもないし、たぶん最後に聴いた実演の現代音楽はこれだった
と思われる……なかなか集中を強いられる弱音続きの音楽だったが、
わからないなりにけっこう感動したというのもまた事実なのである。

ことほどさように、現代音楽といっても時には何とか食いついていけ
そうなのもあるのだが、とにかく機会が少ないのだ。先週日曜日にも
NHK教育テレビで、オール柴田南雄プログラムの演奏会を放送して
いたが、これまた完敗なのだった。

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
今話§現代音楽〜ゲンダイオンガク〜とは? ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる