連話§ワタシの酒肴[117]ビュッフェあれこれ

[承前]

ビュッフェ形式の食事会に行くのは、年に2回か3回あるかないか。
その程度だから、偉そうなことは言えそうにない。

どちらかと言えば、呑む&食べるに特化したいという人間なので、食
べながら他の人と話すのは得意ではなく、だから集まりが終わった後
には、食べたとか呑んだとかいった満足感を抱くことなどないのだ。

とはいえ、ビールやワインを口にしつつビュッフェテーブルに向かっ
て選ぶのは、人並みにローストビーフだったりフライドチキン、それ
に魚のカルパッチョみたいなのを皿にのせて食べる。酒肴としては申
し分ないのだが。いつしか炭水化物系のコーナーに吸い寄せられてし
まう。

寿司は言うまでもなく、パスタやピラフの類で腹を満たそうと試みる
のだが、そうして食べてもなぜか終わった後には虚しい空腹感がつき
まとうのである。

たぶん、着席して食べたり呑んだりするのだったら、あるいは同じ量
であっても満腹感を覚えるのではないだろうか……それにしても、そ
の違いは何なのだろうか。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック