惨話§花粉症ぎわくは解消したか

ちょうど一年前、左眼が痒いことに何かがあると眼科に行ってみたら
「ヒノキですかねえ……」と留保的花粉症のお墨付きをいただいて、
点眼薬を処方してもらった。

画像

一年が経ち、再び花粉の季節が巡ってきたが、飛散がたけなわになっ
た現時点においては、症状が出る兆しは見受けられない。とすると、
去年のあれは何だったのだろうかと考えてしまって、いっそ花粉症が
出てしまえば納得できるのだがというのは、まったくの冗談である。

先週あたりの花粉情報で、関東地方一帯が大量飛散でを表す真っ赤の
表示になっていたが、眼の痒みもなければ、鼻水も出なかったのだ。

花粉症については詳しく調べたことはないので、症状が単年度だけで
収まって、しかもその症状が左眼だけが痒いというのは、今だに訳が
わからないままである。これで今年発症しないのであればそれに越し
ことはなく、改めて逃げ切り態勢にあると確認したい。

いずれにしてもわかったことが一つ……何人であっても、棺桶に入る
まで逃げ切れるわけではないという、単純至極な現実なのであった。

《健康のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック