付話§瞬間接着剤が必要な時は

必要があって道具箱から瞬間接着剤を取り出したら、それ以前に使っ
てからずいぶんと時間が経っていたようで、液状だったものが硬化し
ていて使いものにならなくなっていた。

接着剤は薬の類と似ているところがあって、事が起きた時に使って、
次に使うのがいつになるのか、そんな物なのである。なので「何かが
壊れた……接着剤を買ってこなくちゃ!」という事になるのである。

それゆえに、使いかけの接着剤が2つも3つも存在していて、それが
すべて使いものにならないという笑えない事態が起きてしまうのだ。

それで、何かいいアイデアはないかとネットを検索していたら、シリ
カゲルのような乾燥剤と一緒にジップロックのような袋に入れて、冷
蔵庫で保存すれば長持ちするというアドバイスを見つけて、これ幸い
となった。

何というか、接着剤を使うのは、年に二度かそんなものでしかない。
だからというわけではないが、市販の接着剤はせいぜい2gくらいの
容量なのは、メーカーも“一度使ったら、はいおしまい”という認識
でいるということだろう。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック