戒話§今日の言葉~オーケストラの意地~

これ以上何か注文するのだったら
あなたが指揮するとおりに演奏するぞ!


絶版になってしまった『ウィーン・フィル えぴそーど』という本から
ウィーン・フィルのメンバーのユーモアにあふれ、しかも何とも恐ろ
しい一言である。

……初めてウィーン・フィルを振ることになった指揮者が、リハーサ
ルで様々な注文をつけるのに、業を煮やしたメンバーの一人が発した
言葉がこれなのだが、残念ながら件の指揮者の反応までは書かれてい
ない。

もちろん、ウィーン・フィルやベルリン・フィルレベルであるがゆえ
のエピソードで、いかに指揮者が奮闘しようとも“さすがウィーン・
フィル!”で片づけられてしまう。だが、優れた指揮者であるなら、
彼の振るとおりに演奏すれば、当然ながら出来は保証されている。

某在京オケの団員にこの話をしたところ「指揮者のとおりに演奏して
結果として聴衆からいい演奏とほめられるのは複雑だ」と、何やら意
味不明なことを言っていたことを思い出した。

実は、オーケストラの演奏を聴きながら、それが“指揮者の力量”な
のか“オケの力量”なのか、わかってはいない。ただ、先月武蔵野で
聴いたこの演奏会については、指揮者の力量不足による残念な部分が
散見していたのは事実と感じたのだ。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック