祝話§ワーグナー204歳

毎年書いているのでネタ切れになってきたワーグナーの誕生日だが、
とりあえず1813年生まれなので、今年で満204歳になる。

百年以上の寿命を持つ生物がどれほど地球上に存在しているか調べた
ことはないが、人間以外ではガラパゴスゾウガメやホッキョククジラ
がそれぞれ150歳超、200歳超という御長寿を誇っているのだ。その他
ムカシトカゲも彼らの仲間入りができそうだ。

ところで、ワーグナーが生きた19世紀ヨーロッパにおけるおおよその
平均寿命は40歳前後となっている。新生児の死亡率も高いものがあっ
たし、まだまだ伝染病の流行もしばしば起きていた時代だから、その
ような数字なのだった。

だから1883年70歳で亡くなったワーグナーは“長生き”した部類と言
えるだろう。巨大な楽劇を何作も創り上げたワーグナーには、強靭な
頭脳と肉体が存在していたのである。

後世、我々はそんな彼の創作物を享受し、あーでもないこーでもない
と好き勝手な御託を並べては悦に入っているが、ワーグナーにしてみ
れば“いい気なもんだ”と、ヴァーンフリート荘裏手の墓石の下で、
苦虫を噛み潰しているに違いない。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック