挽話§團菊祭五月大歌舞伎夜の部

先々週の昼の部に引き続き、團菊祭五月大歌舞伎夜の部を観てきた。
八代目坂東彦三郎が初代楽善に、長男の五代目亀三郎が九代目彦三郎
を、次男の初代亀寿が三代目亀蔵、五代目亀三郎の息子が六代目亀三
郎を、それぞれ襲名。

画像

画像

壽曽我対面……一家総出である。新彦三郎が五郎、弟亀蔵が近江小藤
太、父楽善が小林朝比奈、そして彦三郎の息子新亀三郎が初舞台で鬼
王家臣亀丸と賑やかなものである。時蔵が十郎、菊五郎が工藤祐経。
劇中で襲名口上が行われた。

彦三郎の五郎はニンと思うが、生一本ばかりが表に過ぎて、余裕がな
いと感じられてしまった。これはもう舞台を重ねていくことで徐々に
改善していくことだろう。

伽羅先代萩『御殿』『床下』『対決』『刃傷』……『竹の間』はなく
『御殿』から。その御殿も“まま炊き”がカットされているので、気
分的には楽だった。さすがに延々とまま炊きの所作を観るのは辛い。

一昨年の秀山祭、濃厚そのものの玉三郎の政岡を観たからか、菊之助
の政岡がすいぶんあっさりサラサラと感じられてしまった。もう少し
情感がほしいと思わなくもない。

『床下』以下、海老蔵の仁木弾正、相変わらず他人事のような舞台。
何というか役の性根をつかむという以前に“役になり切れない”ので
ある。だから台詞のない『床下』と『刃傷』はともかくも『対決』の
白々しさはなんだろう。松緑の男之助、梅玉の細川勝元、市蔵の渡辺
外記左衛門。

四変化 弥生の花浅草祭……神功皇后と武内宿禰~三社祭~通人・野暮
大尽~石橋と4役変化、50分近い舞踊を新亀蔵と松緑が。踊りの中身
はわからねど、これを軽々と踊り切ってしまう歌舞伎役者の底知れぬ
体力を見る思いがした。そして、亀蔵の踊りのうまさを知る。

終演は21時ちょっと過ぎ。歌舞伎座直下から日比谷線、丸ノ内線、京
王線と乗り継ぎ、ちょうど一時間で最寄り駅に着いたのはありがたい。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック