週話§日曜片々~折り畳み傘を携行~

鬱陶しい梅雨の季節が間もなくやって来る。傘の持ち歩きを忘れては
いけない時候だが、気がつけば、もうずいぶんと長いこと普通の傘を
手にしてはいなかった。

通勤する時のことを考えると、雨の日だったらまずもって自宅すぐに
ある停留所からコミュニティバスを利用して最寄り駅に向かう。そこ
で傘を使うのはせいぜい数分程度。駅に着いてからは傘を差す必要は
ない。そして、会社のあった神保町に着いて会社までは徒歩数分。

その後、昼食で外出しても往復でせいぜい10分くらいだから、傘の利
用時間は30分足らずである。しかも差していない時間のほうが圧倒的
に多いではないか。

というわけで、この程度の利用頻度であるなら、普通サイズの傘など
必要であるはずもないという同居人の積極的なアドバイスを受けて、
20年このかた折り畳み傘を愛用しているのだ。

折り畳み傘を持ち歩きするもう一つのメリットとしては、身近にあっ
て手放すことが少ないことで、忘れ傘率がごく少ないことがある。事
実、折り畳み傘を持ち歩いていてどこかに忘れたという記憶がない。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック