珈話§コーヒーの挽き具合

このところ手動コーヒーミルの調子が不安定である。挽いたコーヒー
粉の粗さは、ハンドルのネジで調節できるようになっていて、締めれ
ば粗目、緩めれば細かくというもの。

それがどうもネジの具合がよくなくて、いつまで経っても豆が挽き切
れない時があるが、それはねじが緩いほう一杯に上がってしまって、
より細かく挽こうとするがゆえのことらしい。

ペーパードリップで淹れる時の挽きの粗さは、中くらいがいいという
ことのようだが、いまだに味が一定しないことに業を煮やして、今は
かなり細かめを挽いている。

それでもって湯を落とし淹れると、中挽き抽出の時には出てこなかっ
た苦みが立ってくれるようになった。調べてみるとそのとおりだが、
ただし雑味が出てくるという記述があった。もっとも、そこまでコー
ヒーの味にこだわりがあるわけではなく、酸味なしで苦み強めであれ
ばそれが好みなのでかまわないのだ。

最近はエスプレッソ・マシーンなどなど、コーヒーメーカーも優れた
製品が増えてきているようで、それで一定の味が出てくれるならと、
そそられなくもないが、メンテナンスを考えると結局はペーパードリ
ップが一番に簡単だと結論づけてしまうのである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック