遊話§一日一句~秋に向かって~

季語は・・・夏草

夏草や 薫るさなかの シューベルト

アルプス端っこの牧草地の中に小さなコンサートホールがある。人々
が集う間にも、牧草刈りの作業は日がな一日休むことなく進められて
いて、それが日常の光景で珍しくもない。

この時期、多くの乳牛は8月一杯くらいを山の上で過ごし、9月初め
には里へと下りてくるのだ。それまでにせっせと食料を貯蔵しておく
ということである。

【去年の今日】繭話§四谷怪談~コクーン歌舞伎~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック