緑話§バイロイト音楽祭2017開幕

今年も間もなくバイロイト音楽祭が始まる。本日7月25日に新演出の
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』で開幕、8月28日まで1か
月ちょっとの日程で音楽祭が行われるのだ。

マイスタージンガー以外にはニーベルングの指環、トリスタンとイゾ
ルデ、パルジファルと、我々が2008年に観たのと同じラインアップの
最重量級7演目である。

ふと気がついたのだが、2008年頃はワルキューレ、ジークフリート、
神々の黄昏の間は完全休日を置いていたはずが、最近は指環以外の演
目を上演している。せめては一日でも多く公演しようという算段なの
であろうか。

画像

上の日程表を見ればわかるとおりだが、指環の第一チクルスと第三チ
クルスは、ワルキューレとジークフリートの間に休みはなく、6日間
連続上演となっていて、泣く子も黙るとは、まさにこのことである。

このスケジュールだと、前か後に置かれているパルジファルと合わせ
て8日間で7演目コンプリートが可能となる。かつては9日間を要し
たのが一日だけだが短縮されたのだ。観るスケジュールはきつくなる
けれど、日本のような遠来の旅行者にとっては、ありがたい短縮だと
思えなくもない……チケットが取れ、休暇が取れればの話だが。

《憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック