喋話§ヨーロッパ圏の英語力

オランダで英語が十分に通じたところで、その他のヨーロッパ諸国の
英語力はいかなるものか……調べて出てきたのが、この地図である。

画像

非英語圏ではダントツの90%。それにしても、イギリスの95%という
のがよくわからないのだけれど、それはまあいい。

EU加盟国で50%を超えているのは、南からギリシャ、スロベニア、
オーストリア、ドイツ、ルクセンブルク、ベルギー、デンマーク、エ
ストニア、フィンランド、スウェーデンといったあたりで、北欧の高
さが目につく。

旧東欧やイタリア、フランス、スペインといったラテン系の国の低さ
が際立つが、一度だけだがイタリアを旅行した身にすれば、理解でき
ることである。

翻って我が国はと調べてみれば、フランスやイタリアよりもはるか下
位に位置していた。同じパーセンテージでの比較はできなかったが、
30%ぎりぎりか、あるいは20%台であることは間違いないだろう。

そもそも、切実に英語を必要とするような機会などほとんどなくて、
英語を使わなくても困らないような環境にある人たちが、眼の色を変
えて英語を学ぶことなどありようはずもない。

何度もしつこく繰り返すが、中学校3年間の英語をしっかり勉強さえ
すれば、あとは度胸だけで何とか英語は通じてくれる。それゆえに、
小学校から英語の勉強を始めるなど、愚の骨頂でしかないのである。

《英語のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック