環話§綿柎開~七十二候~処暑

処暑の初候“綿柎開(わたのはなしべひらく)”である。

秋とは暦の上のことだけで、続いている暑さは、まだまだ夏のそれで
ある。だから、残暑とはいっても、この先一か月以上……彼岸過ぎて
10月に入っても暑いのだ。

ほんの数年前くらいはそんなことがなかったということに、水分摂取
量が増えたことがある。多分に意識して飲んでいるということもある
けれど、明らかに年齢的な要素もあるのではなかろうかと思うのであ
る。ミネラルだけで週2本は飲んでしまっている。

まあ、暑さそのものが厳しいので、冷蔵庫に入っているミネラルウォ
ーターを何気なく口にしていたりもするのだ。7月8月と消費量は増
えているので、ついこの間も2リットル6本入りをケース買いした。

ところが現金なもので、真夏日の30度を切ったりすると、水分摂取が
減ってしまう。暑くて暑くてたまらない時には頻繁に冷蔵庫のドアを
開けるのに、ちょっと涼しくなると体が欲することがない。

体内で足りなくなった水分を補充してやるという観点からすれば、も
っともなことだけれど、こういうことにもちょっとばかし敏感になっ
てきているのは年齢のゆえであろうか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック