過話§備忘録的な何か~2017年9月6日付~

【備忘録】

8月23日……だだちゃ豆を今年初めて茹でて食べた。このところ天狗
枝豆の出来が悪いので、他の産地を試しているのだ。

そして残念ながら、だだちゃ豆も今ひとつの味でしかなかったのは、
いずこも同じ日照不足ということであろうか。だだちゃ豆は天狗枝豆
と比べてつつましい実入りだから、豆の味わいに力強さがないので、
何とも物足りない。

その後も天狗の実入りは芳しくなく、秋田産や青森産を試したものの
ぷっくりした甘い歯ざわりの天狗に勝るものはないことを再確認した
のだった。

8月26日……すっかり暗くなった夕方19時前のこと。風呂に入ってい
たら、昼間あれだけうるさかった蝉の声がまったく聞こえず、代わり
に聞こえてきたのはコオロギの仲間達だった。秋の虫がすっかり夏を
追いやっていたのである。

これが季節の変わり目ということなのかと、湯船の中で秋の音をしみ
じみと聞いていたが、ここまでわかりやすい境界線を“見た”のは、
たぶん初めてではないだろうか。

《私事のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック